nurse

腎臓病は早めに治すことが大切|病気克服の情報ガイド

腎臓の病気を治すには

女性

腎臓の病気の治療法とは

慢性の腎臓病の治療法は、薬物療法と食事療法が中心になります。薬物療法は、腎臓の負担を軽くして病気の進行を遅らせることが目的となります。腎臓病の薬は、尿毒症を予防する薬が処方されます。腎機能が低下すると体に毒素がたまりやすくなるのです。また、リンやカリウムなどの排出も困難になるのでこれらを吸着する薬も使われます。慢性の腎臓病は、高血圧を伴うことが多く、これが脳梗塞などの脳血管障害を引き起こす原因ともなりかねません。そのため、血圧を下げる薬はとても必要なものになります。また、腎機能が落ちるとエリスロポエチンという造血ホルモンをつくる働きが落ちて貧血になってしまいます。この造血ホルモンを投与することで貧血を防ぎます。

食事療法とは

食事療法は、腎臓病が判明した時点で開始することが大切です。早期に行うことで腎臓の負担を減らすことができます。食事療法は、タンパク質や塩分を控えることが大切です。タンパク質はほとんどが老廃物になるので腎臓の負担を増やします。また、塩分が排出困難になることで、体内の塩分濃度が上がり高血圧を招く恐れがあります。カリウムやリンも排出困難になるので摂取は控えることが必要です。タンパク質を制限するとカロリー不足になりやすいので脂質や糖質で補うことが必要です。腎臓病が慢性化した場合の最後の治療は、人工透析に頼ることになります。主に行われているのは血液透析で、ダイアライザーという装置で血液中から老廃物や余分な水分などを取り出します。

脂質異常症になったら

患者

会社の健康診断などで、血管年齢やコレステロール値、またトリグリセライドの値などが高いといわれたら、動脈硬化や脂質異常症になっている可能性があります。脂質異常症は自己流に改善するのは困難な病気なので、城東区の内科で適切な治療を受けることが大事です。

詳細へ

気づかない病

男性

自律神経失調症になる方は年々増加しています。ストレス社会が巻き起こす病と言っても良いでしょう。しかし、自律神経失調症は、治療しますと完治する病気でもあります。家族や周囲の方の協力を得て、病気に向き合い治療をしましょう。

詳細へ

がんの一種

医者

骨肉腫はがんの一種であり、関節付近にできる腫瘍です。この腫瘍を放置すると肺に転移し、腫瘤となります。そのため早期発見が最も大事なのですが、、痛みが筋肉痛に似ているため、発見が遅れがちになる傾向にあります。

詳細へ