病院

腎臓病は早めに治すことが大切|病気克服の情報ガイド

気づかない病

男性

自律神経失調症になる方は、増えています。原因について考えてみましょう。引っ越しや転職で環境が変わった、仕事や家庭での人間関係、生活リズムが夜型、女性ホルモンのバランスの乱れなどが影響して自律神経失調症になってしまいます。症状に気づかず生活している方は多いです。自律神経失調症から他の病気になることもありますので注意が必要です。ストレスが起こす原因は多数あります。人によりストレスを受ける度合いも違います。仕事や家庭、友人などの人間関係でストレスを抱える方は多いです。自律神経失調症について理解をされることも大切です。病気になりましたら、向き合いながら治療をしていきましょう。原因について考えてみましょう。

自律神経失調症の症状は、体のだるさ、倦怠感、めまい、頭痛、動悸、ほてり、不眠などやイライラしたり、落ち込みが激しかったり、憂鬱な気分が続いたりと精神的な症状も起こります。セルフチェックをしてみましょう。最近、めまいや立ちくらみ、耳鳴りがする、胸がザワザワ知る感じがする、心臓が早くなって動悸がする、朝、起きられない、イライラして落ち着かない、寝つきが悪くなった、寝てもすぐに目が覚めるなどチェック項目がある方は注意が必要です。時々、セルフチェックをすると予防になります。チェック項目に当てはまる方は専門医に受診しましょう。治療をしますと自律神経失調症は、完治します。ストレス解消法も探してみましょう。