病院

腎臓病は早めに治すことが大切|病気克服の情報ガイド

脂質異常症になったら

患者

コレステロールが高いとき

会社の健康診断などで、血管年齢が高いといわれた場合には、城東区の内科でくわしい検査をしてもらうことをおすすめします。たいていの人は、血管年齢が高いといわれても「それはもう年だから」などと軽くすませてしまうことが多いのです。ところが血管年齢が高いということは、動脈硬化になっている可能性があるということです。動脈硬化はほうっておくとさまざまな生活習慣病のもとになるので、城東区の内科で再検査を受け、必要なら薬を処方してもらうなどの治療を開始するのが望ましいといえます。健康診断の結果を見てみて、もしコレステロールやトリグリセライドの数値が高くなっていたら、動脈硬化に留まらず中性脂肪が多くなっている可能性があります。近年、こうした状態になっている人の数はますます増加しているので、症状が進行する前に城東区の内科で診察を受けることが大切です。

自分で改善は難しい

動脈硬化が進んでおり、中性脂肪が多くなっている人は、そのままにしておくと脂質異常症という病気になる心配があります。脂質異常症はもとは高脂血症という名称であった病気なので、それなら自分で脂肪の摂取量を調節すればいいだろうと軽く考えてしまう人がいます。しかし、自分で食事のコレステロール量を減らそうとしたくらいでは、脂質異常症を改善することは困難だといわれています。したがって、城東区の内科で検査を受けた上で医師に治療方針を決めてもらうのが一番です。脂質異常症は、薬を飲みながらコントロールしていくことのできる病気です。数値が下がれば薬を減らすことも可能なので、まずは城東区の内科を訪ねてみるのがよいでしょう。